横浜の観光

野毛山動物園のアクセスまとめ!バス、車での行き方と混雑予想も

神奈川県横浜市西区にある「横浜市立野毛山動物園」は、隣接する野毛山公園を含め9.6ヘクタールの敷地があり、約90種類の動物が飼育されています。

年間を通してこども向けイベントも多数開催されています。
また無料で入場できて、みなとみらいエリアでは気軽に何度でも行ける定番スポットです。

今回は、デートから子連れまでみんなに人気の野毛山動物園までのアクセス情報についてご説明します。

野毛山動物園はどんな動物園?

野毛山動物園マップ

横浜市緑の協会が運営する1926年にオープンした動物園です。
入場無料で楽しめることから、近隣のレジャースポットや飲食店などと一緒に立ち寄ることができるおすすめスポットです。

こどもから大人まで楽しむことができ、ファミリーやカップルのお出かけスポットとして喜ばれています。

ナイトズーラシアや季節ごとのイベントなども定期的に行われ、園内の施設で様々な体験ツアーや小動物とふれあうことが出来る「なかよし広場」などが開催されています。

起伏がある動物園ですが、ベビーカーや車いすで園内を見るまわる事ができます。

野毛山動物園へのアクセス:場所はどこ?

野毛山動物園は、桜木町駅から南西方向に約850mの場所にあります。

野毛山動物園の住所・電話番号

〒220-0032 横浜市西区老松町63-10
TEL:045-231-1307

しかし、注意したいのは横浜特有の立地です。

広大な敷地を持つ野毛山は、みなとみらいと隣接するエリアに位置しますが、入場門から手前約400mほどが急な坂道になっています。

つまり、5分以上急な坂道を歩くわけです。

野毛山動物園の坂道

そのため、特に子連れの場合はアクセス方法を事前に確認した方がよいでしょう。
徒歩で行くのか、バスで行くのか、車で行くのかを考えましょう。

それぞれの行き方にはメリット、デメリットがありますので、その日のスケジュールも考えながら最も良い行き方を選べば良いと思います。

野毛山動物園へのアクセス:最寄駅からバス

野毛山動物園へのアクセス方法は3つが考えられます。バス、車、徒歩の3パターンです。

まずは、3つの最寄り駅からバスで行く方法からご説明します。
野毛山動物園行きのバスはというと

  1. JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅からバス
  2. 「横浜」駅からバス
  3. 京急線「日ノ出町」駅からバス

上の3つの最寄駅があります。

桜木町駅からバスで

桜木町駅改札
桜木町駅についてから改札を出て東口に向かいましょう。
東口を出ると桜木町駅前広場があります。

桜木町駅東口
東口の看板があるのでそのまま真っすぐに出ます。


桜木町駅前広場に出ると左にコレットマーレ、ランドマークタワーが見えます。
みなとみらいの観光として満喫する際には、ここを拠点としてバスが各方面に出ています。

そのまま直進すると案内板があります。

みなとみらい案内板とバス乗
みなとみらいの観光案内図、左側にバス乗り場の配置図がありますので見てみましょう。

みなとみらいバス乗り場
JR線、市営地下鉄線の桜木町からバスに乗っていくパターン
6番乗り場の89ぶらり野毛山動物園BUSに乗ります。

野毛山動物園までラクをしながら行く最も定番な行き方です。
確認したら乗り場に向かいましょう♪

バスのりば案内
看板の右側に横断歩道があります。

みなとみらいバス乗り場前
渡り終わったら左側に向かいます。

ラッピングバス
6番のり場にはすでに野毛山動物園行きのバスが停車していました。
子供は、ラッピングバスを見ただけでも大喜び!

野毛山動物園ゆきのバス

子連れならバスに乗っていけば坂を歩かなくても良いので、間違いなく楽です。バスは1時間に2、3本出ています。

JR線、市営地下鉄線「桜木町」駅から行くパターン

バス乗り場:桜木町駅6番乗り場
バスの行き先:89系統「一本松小学校」行き
乗車時間:約10分

桜木町駅からは桜木町駅前時刻表を参考にするとよいです。

横浜駅からバスで

JR線、相鉄線、京急線、市営地下鉄線などで横浜駅まで行き、横浜駅からバスで一本松小学校前ゆきに乗り野毛山動物園まで行く方法です。

まずは午前中に動物園に行き、午後はその周辺を楽しむ場合には良いですね。

横浜駅東口にある横浜そごうの1Fにバスの乗り場があります。

「横浜」駅から行くパターン

バス乗り場:横浜駅東口・3番乗り場
バスの行き先:89系統「一本松小学校」行き
乗車時間:約15分

時刻表は横浜駅前時刻表を参考にするとよいです。

京急線「日ノ出町」駅(日ノ出町1丁目)からバスで

日ノ出町の場合は駅を出て左に行くと、日ノ出町交差点とケンタッキーがあります。そのまま100m程歩いたところある「日ノ出町1一丁目」からバスに乗る方法です。

日ノ出町駅からは距離として、それほど距離はないのでバスの乗車時間も2、3分です。

坂が苦にならないのであればバスに乗るよりは歩くのも良いでしょう。

日ノ出町駅(日の出町一丁目)から行くパターン

バス乗り場:日の出町一丁目
バスの行き先:89系統「一本松小学校」行き
乗車時間:約3分

時刻表は日の出町1丁目時刻表を参考にするとよいです。

野毛山動物園へのアクセス:車で行く

野毛山駐車場

野毛山動物園には専用の駐車場がありません。

動物園の入口から250m程下った場所に野毛山有料駐車場があります。
中央図書館のすぐ上です。
平日は30分毎に200円、土日祝日は30分毎に300円です。

近隣のパーキングも近い場所は午前中にいっぱいになってしまう場合があります。
とはいえ、回転率が良いので時間に余裕があるのなら待つのも良いかもしれません。

車での行き方

首都高速神奈川1号横羽線
みなとみらい出口から野毛坂まで約2km

安い駐車場、穴場の駐車場は坂の下に多くあります。
坂がきついですが探して予約するか、早めに到着して確保するのが良いです。

野毛山動物園の見どころとおすすめポイント

入場はなんと無料!横浜中心部(みなとみらいエリア)からも目と鼻の先にあり、動物園と近隣商業施設の両方を存分に楽しめる立地となっています。

鳥類・爬虫類・両生類・哺乳類・魚類が展示されています。レッサーパンダ、ライオン、トラ、キリン、クマ、クジャク、ワラビー、ダチョウ、チンパンジー、トキ、コンドル、ダチョウ、フラミンゴ、ネズミ、サル、ヘビ、カモ、カメ、アリクイ、タナゴ、鹿、ペンギン、フクロウ、キジなど約100種類が飼育されています。

「なかよし広場」は毎日開催され、モルモットやハツカネズミなどの小動物をさわることができ、命の大切さやぬくもりを感じることができます。

また、季節ごとのイベントも随時開催されこどもから大人まで楽しむことが出来るのも野毛山動物園の魅力です。

野毛山動物園のレッサーパンダ

レッサーパンダ野毛山動物園で圧倒的な人気のレッサーパンダ。入場してすぐ見れます。
意外にも距離が近くて感動♪

1日の大半を木の上ですごしています。竹の葉や木のみを食べる姿がとても愛くるしい。

14:00~がレッサーパンダのお食事タイムです。

トラとライオンのお食事タイムは見逃せない!

野毛山動物園内の掲示
毎日開催している「動物たちのお食事タイム」は見逃せないイベントのひとつ。
ライオンまたはトラのお食事タイム(15:00~)は人気です!

2017年にズーラシアからやってきたトラがいます。

7月28日。予告どおり、台風のさなか「世界トラの日」に合わせてスマトラトラのミンピに”ご馳走”をあげました。
前回シチメンチョウで痛い目にあったのでリベンジです。それは・・・アヒルです。もちろん人用に加工されたものです。横浜といえば中華街。中華料理の花形?は何と言っても北京ダック。
そこでアヒルなら喜んで食べてもらえる、と信じてあげてみました。
でも足や手羽をかじるだけ。
またも振り回し、あ~あ、アヒルはプールの中に…
その後どうしたかというと
アヒルはそのまま放置され、ミンピは遠くから見ているだけ。
ミンピの食わず嫌いは相当なもの、担当者泣かせで困ってしまいます。
8月4日のミンピの誕生日、どうしましょう。
15:00と19:30から何かプレゼントをあげる予定なのですが…

引用:野毛山動物園ブログ

 

野毛山動物園のライオン
動物の中でも人気のライオンも見れます。
ここ野毛山動物園にはインドライオンの「ラジャー」がみんなの前で大活躍中。

野毛山動物園のなかよし広場で小動物とのふれあい

野毛山動物園のモルモット

動物園の奥には「なかよし広場」があります。
モルモットやハツカネズミなどに触れることができます。

スタッフの方が詳しく説明してくれますのでよく聞いてから入場しましょう。

1頭1頭顔や模様、体形など違いますので、よく観察してみて違いや似ているところを探してみるのも面白いかもしれません。
まだ名前が決まっていない個体も随時名前をつけていきたいと思いますので、お楽しみに! 引用:なかよし広場 伊藤さん

 

なかよし広場の利用時間と定員

平日 土日祝
ふれあい時間 9:45~11:45
12:15~14:15
※12:15~13:15閉場の場合あり
14:45~16:15
【午前の部】10:00~12:00
【午後の部】13:30~15:30
※最終入場:午前の部11:40/午後の部15:10
定員

定員なし
※混雑状況により入場制限を行う場合があります。

150名/回
整理券 【午前の部】 9:45~
【午後の部】12:00~
※なかよし広場前で整理券を配布
各回なくなり次第配布終了

※詳しくは、公式サイトをご確認下さい。

動物園のツアー系イベント

普段は見ることができない動物園の飼料庫をご見学できるイベントを開催しています。

動物がどんな食べ物をたべているのか、飼育員さんがどんなお仕事をしているのかのお話しも聞けますよ。先着順での受付ですので、公式サイトをチェックしましょう。

野毛山動物園の病院ガイドツアーはかなり貴重な体験ができます。

滅多に見ることのできない動物病院に案内してもらえます。
9:30に受付開始ですぐに定員いっぱいになります。

早めに入口イベント看板前にいって受付をしよう!

季節限定イベント

野毛山のハッピーハロウィーン。楽しい雰囲気で動物園を歩いてみよう♪
10月の最後の土曜、日曜日は先着100名にハロウィンキャンディプレゼントなどの企画も。

お花見の穴場スポット

野毛山公園の桜出典:『はまの景』Mr.HAMACCOさん

山や坂の多い横浜。小高い丘の上に位置するここ野毛山動物園とその周辺は絶好のお花見スポットです。

園からは、ベイエリアをのぞむ眺望が魅力的。春には穴場のお花見のスポットです。

野毛山動物園の体験談

野毛山動物園の施設内容や状況についてです。
無料で楽しめるというメリットが多い野毛山動物園ですが、行く前にチェックしておけば困惑することなくスムーズにいくことも多いはずです。

駐車場の混雑度は?

晴れた日の土日は野毛山動物園にいく車ですぐに満車になります。車で行くならオープン時間めがけて行くと良いですよ。近隣の駐車場も探せばばりますが、坂が有りますので到着するのは結構たいへんです。

桜木町からバス、日ノ出町からは歩き

野毛坂交差点から約1.2kmの坂があります。ここをのぼっていくのですが、40代の私は結構たいへんでした。幸い子供が歩いてくれたからよかったのですが、ベビーカーで子供と荷物を乗せていくのは少々しんどいです。桜木町から市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」で降りるのが体力的におすすめです。動物たちの絵が描かれた黄色いラッピングバスが出ていますので子連れなら乗ってみるといいですよ。

入場料がうれしい「無料」

小学生くらいならへっちゃらな距離です。入園料が無料なのはうれしい!ふれあいコーナーが目当てなら予め時間などを確認してから行くとスムーズだと思います。無料なのに普通の動物園と同じようにいろいろな動物を見る事ができます。

園内をぐるっと回る所要時間

動物好きなら1日過ごせてします動物園ですが、この周辺もあわせて観光するのなら2時間程見ておけばいいかもしれません。えさやりなどのイベント?があるのでその時間などがうまく合えば2、3時間あれば十分に回れる広さです。アクセスだけでなく、園内もアップダウンがあるのでゆっくり見て回ってもみてはどうでしょう。途中に売店もあり、ソフトクリームや限定グッズなどを販売しています。

ふれあい広場が特におすすめ

到着したらすぐに整理券をもらいましょう。モルモットやハツカネズミ、ニワトリを触る事ができます。モルモットは専用の座布団に乗せてブラシでなでてあげると気持ちよさそうにします。こどももおっかなびっくりで楽しんでいました。野毛山動物園の中でふれあいコーナーはとても人気ですよ。

みなとみらいエリアのレジャー施設と一緒に

トラやライオン、ペンギンのお食事風景を目の前で見れます。足腰の弱い年配の方は少し難ありを感じるかもしれません。それでも広すぎず、狭すぎず大満足できる動物園です。幼児のいるご家庭は、とても満足できる動物園です。わが家はアンパンマンミュージアムに行った時はセットで楽しむ場所になってます。

野毛山動物園の場所や行き方のまとめ

最寄り駅からバスで行くのが無難です。
横浜駅、桜木町駅、日ノ出町駅の近くからそれぞれバスが出ています。

行きは野毛山動物園前の坂がきついのでバスを利用するとラクです♪
他の観光スポットと合わせて楽しむのなら桜木町駅を起点するとよいですよ。

帰りは徒歩でも良いかもしれません。野毛山動物園周辺には有名なラーメン店や飲食店が多いので、それも楽しむのもアリだと思います。

車で行く場合は、動物園の専用駐車場がありませんので近くのパーキングを利用しましょう。土日は駐車する際に混みますので早めの時間に到着するか、近隣の安いパーキングを利用すると良いです。

動物園の目的だけであれば、この駐車場で良いかもしれませんが、みなとみらいなど周辺も楽しむのであれば、上限金額が設定される駐車場にとめて散策しながら訪れるのも一つの方法です。ただし、坂の上にある動物園なので考慮しながら来園しましょう。