横浜の観光

金沢自然公園(金沢動物園)の2カ所の駐車場・アクセス・見どころ

横浜市内最大級の自然に囲まれた公園であり、約60万㎡の敷地には金沢動物園とアスレチック公園が隣接しています。車でのアクセスと交通利便性が考慮され、一般道から入場できる正面口駐車場と横浜横須賀道路からアクセスできる高速側駐車場の2カ所が設けられています。公園内には、1982年に開園した横浜市立金沢動物園があり、駐車場は同じ場所を利用ます。

金沢自然公園内では横浜市内でも有数の長いすべり台が設置され、休日ともなると列をなすほどの人気ぶりです。横浜市金沢区の小高い山の上にあり、眺望がよく東京湾を一望できます。園内にはバーベキュー場があり春から夏には家族連れや友達同士のグループで賑わいます。また春には桜、秋にはイチョウやもみじなど紅葉を楽しむことができ、季節の移り変わりを体感しながら楽しめる公園です。

動物を見たり、アスレチックで楽しんだりと親子で1日楽しむことができます。

金沢自然公園の施設紹介

横浜市緑の協会が運営管理。金沢自然公園内にあるバーベキュー場は、株式会社金沢臨海サービスが運営。金沢自然公園の駐車場は、金沢動物園と同様の場所となり2カ所あります。入口は動物園と同じで、ゲートをくぐって2、3分の場所に動物園(有料)の入口と公園側とに別れます。

営業時間 9:30~16:30
住所 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1 【地図
施設 ・ロング滑り台・ベビーカー入場可・車いす入場可・金沢動物園・レストハウス・売店・カフェ・授乳室・おむつ交換台・アスレチック・バーベキュー場

車で行く場合の2つの駐車場はどちらが良いか

金沢自然公園金沢自然公園には、2つの駐車場があります。どちらも金沢動物園と金沢自然公園の併用駐車場となっています。「高速側駐車場」と「正面口の駐車場」があり、どこからアクセスするかで決めるとよいです。
また、荷物を頻繁に車に取りに行く(バーベキュー用品などや道具など)場合は高速側が便利です。しかしデメリットもあるので下記で説明します。

高速側駐車場を利用するメリット

動物園・自然公園内までの距離が近いのが利点です。バーベキューなどで持ち込む備品や道具などが有る場合は、こちらに停めると持ち運びに苦労しません。
また、車の駐車スペースも広く700台以上の収容台数があります。横浜方面からアクセスする場合でのんびりお昼頃到着しても混雑せず入場できます。

高速側駐車場を利用するデメリット

横浜横須賀道路(高速道路)からしか行き来できません。首都高湾岸線「並木方面」からお越しの場合は、高速側駐車場の入口はありませんので入場できません。
動物園の開園日のみの営業となっていますので注意が必要です。公式サイトで事前に確認しましょう。

高速側駐車場への入り方

横浜横須賀道路釜利谷ジャンクションから金沢支線(並木・八景島方面)に進み、釜利谷料金所で左端の専用ゲート(金沢自然公園料金所 1レーンのみ)で降ります。

横浜横須賀道路「釜利谷料金所」の一番左のレーン
この出口を道なりにすすめば直接「高速側駐車場」に入れます。

この駐車場からは一般道に出る事はできないから注意してね。

高速側駐車場の営業時間・料金

・9:00~17:00 (最終入庫 16:30、閉門17:00)(動物園の開園日のみ営業)
・普通車:1回につき 600円
・バス:1回につき 1,800円(要予約)
・台数750台

正面口駐車場のメリット

横浜市内、横須賀方面どちらからも一般道からアクセスをする場合には正面口の駐車場を利用するのがよいです。
金沢自然公園坂を上って高台にある園内の入口までハイキング気分で歩きたい方、東京湾をのぞむ景色を楽しみたい方もこちらに駐車しましょう。

正面口駐車場を利用するデメリット

正面口駐車場(コアラバス待合所)から「海の見える小径」や「展望台」まではこのように急な坂をのぼります。

こども
こども
パパは坂が嫌だっていってた。景色はいいけど、ほどんどの人は、コアラバスに乗ってたよ。

荷物もあるし、坂は苦手という方は正面口駐車場から園内の入口まで乗車無料の「コアラバス」が10分~15分おきに出ていますので利用しましょう。
結構な坂だから、体力に自信が無いのならコアラバスに乗るのが無難ですよ!

正面口駐車場への入り方

金沢自然公園の正面口駐車場

一般道の笹下釜利谷街道からそのまま入場できます。自走式の立体駐車場が450台分あります。大型連休は、高速側の駐車場よりもこちらの正面口駐車場の方が混雑します。

正面口駐車場の営業時間・料金

・9:00~17:00 (最終入庫 16:30、閉門17:00)(動物園の開園日のみ営業)
・普通車:1回につき 600円
・バス:1回につき 1,800円(要予約)
・台数450台

アクセスマップと所在地

所在地

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1

アクセス方法・駐車場情報

【電車でのアクセス】
京急本線 金沢文庫駅「金沢動物園」行(土日祝日のみ運行)で終点(金沢動物園)下車。乗車約10分
【車でのアクセス】
金沢文庫方面から笹下釜利谷道路「宮ヶ谷交差点」から約500m
上大岡方面から笹下釜利谷道路「二本松トンネル」から約600m

金沢自然公園のみどころ

大きなゲートをくぐりった先には金沢動物園の入口があります。右側に動物園の入口、左側の道を下った先にはロングすべり台や遊具がある金沢自然公園の「こども広場」があります。

遊具の中で一番人気はロングスライダー

金沢自然公園のすべり台横浜市内でも有数の長さを誇る1番人気の長いローラーすべり台。

右下の公園までつながっている。一気に滑り降りよう♪

人気のすべり台こどもの日には長蛇の列。人気のすべり台には15分待ちの家族の列。

待ってでも何度でも滑りたくなるほど楽しい!

下ったり登ったり大変だけど10回もすべり台にのったよ
おとん
おとん
こどもと一緒に乗るとスピードが最後に出るので注意しよう。それと樹脂製サンダルは抵抗が大きいから通常の靴で行こう!

自然公園バーベキュー広場

植物区の「のんびり野原」「なんだろ坂」でバーベキューを楽しめます。
自然の中で家族やグループでアウトドアクッキングをしてみてはいかがでしょうか。

利用期間 利用時間 平日利用料金 土日祝利用料金
3月1日~11月末日
(休業日は除く)
【1部】10:00~16:00(6時間) 2,000円/1テーブル 2,500円/1テーブル

利用期間:テーブルは30テーブル(定員8人)で春から秋まで利用できます。

バーベキュー広場へは「高速側駐車場」が近くて便利。

ゴールデンウィークや花見の時期はすぐに満車になるから注意が必要!

それとキャンセルする場合は、事前のキャンセルをWEBか電話で必ずしましょう。
詳しくは、金沢自然公園バーベキュー広場のページで確認してください。

売店メニューは一通りのバーベキュー用品、食材、調味料コンロや鉄板などがレンタル、販売されています。
1か月前から事前の予約をWEBまたは電話で行えます。

まとめ

動物園に行くのか、バーベキューなどを楽しむのか、それとも景色やハイキング、散歩や健康を兼ねて坂道を上るのかなど、目的によって利用する駐車場も変わってきます。
現地に到着する前に2つある駐車場のどちらを利用するかなど決めておくと良いですよ。