横浜の観光

フォレストアドベンチャーのコース&所要時間!キッズも楽しめるぞ

フォレストアドベンチャーのコース紹介

フォレストアドベンチャーよこはまが横浜市旭区にオープンしたので行ってきました。フォレストアドベンチャーはロープが張られたコースを命綱をつけて木から木へバランスを取りながら歩いてゆくアスレチックのようなアクティビティです。コースは大きく分けて初級・中級・上級の3コースあります。

  • 「どんなコースがあるのか知りたい」
  • 「子供も楽しめる?コースによって条件があるのかな」
  • 「高さに弱い私でも大丈夫か不安」

どのコースが自分に合っているか知りたいという疑問にお答えします。

今回は横浜にある「フォレストアドベンチャーよこはま」の各コース別の特徴について説明します。

実際に行って楽しんできた体験をもとにコースのことを説明していますので、フォレストアドベンチャーに行く際には参考になるかと思います。また、注意点や服装についても説明しています。是非、参考にしてください。

フォレストアドベンチャーよこはまとは

フォレストアドベンチャーよこはまの入口
フォレストアドベンチャーよこはまは、横浜市旭区の森の中にあります。よこはま動物園ズーラシアはご存知の方はいらっしゃるかとおもいますが、その敷地の隣に里山ガーデンがあります。車で行く場合はズーラシアの北門駐車場に駐車すれば、歩いて2分で到着します。

横浜里山ガーデン
ズーラシア、里山ガーデンに隣接しており、「自然共生型アウトドアパーク」として幼児から大人まで楽しめるアウトドアテーマパークです。

 

フォレストアドベンチャーよこはまの3つのコースはどれが良いか

フォレストアドベンチャーよこはまのコース
このアクティビティーを楽しむにはコース別の条件があります。コース別に身長や体重、年齢などについて定められた条件があります。以下を参考にして下さい。

今回は5歳と小学生の娘2人を連れていきましたが、5歳の娘の身長が希望のコース(今回はキャノピーコース)を楽しむのにギリギリでした。

箱根、小田原、横浜にフォレストアドベンチャーはありますが、自然の森を利用した施設の為、場所によって高低差が異なります。コース状況などもそれぞれですから事前の確認をすることをおすすめします。

フォレストアドベンチャーよこはまのコース

  • キッズコース
  • キャノピーコース
  • アドベンチャーコース

など全部で3つのコースがあります。
それぞれのコースについて説明していきます。

キッズコースの参加条件

キッズコース
身長が90cm以上で、小学3年まではこのコースで楽しめます。初級クラス
です。

キッズコースの特徴

キッズコースは保護者、もしくは同等資格の方の誓約書が必要になります。また地上から見守ることが約束事になっています。写真を見ていただくとお分かりのとおり、高さが低く初めてでも安心して楽しめます!

フォレストアドベンチャーのキッズコース
キッズコースの中には3コース、14のアクティビティが設けられています。小さいながらもジップスライドも体験できますよ。

キッズコースの高さ
年長組の娘(身長110cm)は、初めて来た時はキッズコースで1回体験しました。高さは大人の身長くらいに設置されています。

階段の入り口部分からプーリーという滑車をロープにセットして楽しみます。ちょっと背伸びをすれば届くので子供ひとりでも安全を確認しながら進めることができました。

キッズコースを楽しむ
少し物足りない感じがしているようだったので、同日、中級クラスの位置づけであるキャノピーコースにもトライしました。園児で初めての場合はまずは、キッズコースがおすすめです。

キッズコース14のアクティビティ
キッズコースでスムーズに楽しめるのであればキャノピーコースを選ぶのが良いです。ボルダリング風の木の橋やネットで作られたトンネルなどアクティビティは多彩です。

キャノピーコースの参加条件

キャノピーコース
そして、中級のキャノピーコースです。小学生から大人向きです。私は高いところが苦手なのでこのコースでも満足しました。小学校2年生までは保護者の同伴が必要です。また、小学校3年生以上は同行が必要ありませんが、地上から見守りが約束事になっていました。

キャノピーコースの特徴

キャノピーコースの高さ
現地にいった際に、どれがキャノピーコースなのかスタッフに聞いてみました。意外と高さはありました。私は高い所が苦手なので、このコースを体験してみてからハイレベルなアドベンチャーコースにトライしてみようと決めました。

キャノピーコース
子供はというと。。。小学生の長女は初めてでありながら、私よりもスムーズに次から次へと進んでいきました。

キャノピーコース
次女は身長が規定ギリギリの110cmです。コースに設置されたアクティビティに手足がやっと届くくらいでしたので、少し時間がかかりましたね。

手をせいいっぱいに伸ばしてつかまって10cmくらいづづ、慎重に進んでいました。安全を確保しながら、確認しつつ進んでいく姿がとても印象的でした。

キャノピーコースのジップライン
次々にアクティビティをクリアしていくと最後にはメインのアクティビティが待っている!

コースの最後にはジップラインがあります。ズズズズッーーーと数十メートルをいっきに下っていきます。

この爽快感!!!たまりません♪

アドベンチャーコースの参加条件

アドベンチャーコース
高い所やスリルを味わいたいなら、最も難易度が高いアドベンチャーコースがおすすめです。

小学校4年生以上もしくは身長140cm以上、体重130kgまでが条件です。中学生以下は18才以上の保護者もしくは同等の資格を持つ方と参加が条件です。

アドベンチャーコースの特徴

アドベンチャーコースにはスタンダードプランとエキサイトプランの2つが用意されています。

高さのあるアドベンチャーコース
キャノピーコースではもの足りない方、更に高い所に挑戦したい!という方やチャレンジ精神旺盛な方は是非チャレンジしてみましょう!

とにかく、高さがある。実際に体験した人にしかわからない景色や達成感なんかも、他のコースとは異なるでしょう。

恐怖のアドベンチャーコース
木の上からアドベンチャーコースを楽しんでいる人たちを見てみましたが、キャノピーコースよりも断然高いところで楽しんでいました。

私なら尻込みしそうです。。。

爽快感あるアドベンチャーコース
キャノピーコースよりも更に4、5m高いところで楽しむことができます。場所により異なりますが、地上から15mほどの高さはあります。

コース別の条件まとめ

キッズコース:身長90cm以上で小学3年生まで
キャノピーコース:身長110㎝以上、体重130kgまで
アドベンチャーコース:身長140cm以上か小学4年生以上で体重130kgまで

コースの参加条件は、フォレストアドベンチャーの各場所(横浜・箱根・小田原)でそれぞれより異なりますので初めての方は、実際に現地で見て確認しましょう。
スタッフの方は、どの方も気さくに答えてくれます。不明点は聞いてみましょう。

フォレストアドベンチャーのコース別所要時間

コースに出る前の準備時間-約5分-

コース別ハーネス脱着場コース別にハーネスの脱着場があります。安全の為、ハーネスを付けて準備をしましょう。登山で使用する本格的なものでした。スタッフの方が一人当たり入念にチェックをしながら準備を手伝ってくれます。

フォレストアドベンチャーの安全ベルト安全ベルトをスタッフの方につけてもらい、準備スタート!

ジップラインの到着時には、木くずの中に飛び込んでいく感じになります。服装は長そでで長ズボンで転んで汚れてもよい状態にしましょう。

準備と安全対策
これはプーリーと呼ばれる滑車。冒険への準備は整った!

説明、講習の時間-約15分-

プーリー
プーリーは、コースの入口からセットしてコースから落下しないような仕組みになっています。この使い方もしっかり教えてもらいました。

フォレストアドベンチャー安全講習
説明は実際のフィールドでお手本を実践してくださいます。およそ15分ほどでしょうか。

自分自身の身を守る事の大切さを学ぶこともこのアクティビティで実感できます。安全器具を操作し、規則に従って進んでいきます。この説明(安全講習)は特に真剣に聞きましょう!

プーリーをセット
その後、各コースに行きスタートします。入口から必ずプーリーをセットしてここからが冒険の始まりです!

写真は、子供が準備した手袋ですが安全面を考えると指先まで覆われた手袋が良いでしょう。そして指先にはすべり止めのゴムなどの素材がついていれば尚良いですね。

コースをクリアするのに要する時間

フォレストアドベンチャー 時間
どのくらいの時間がかかるかはコースや同じコースを体験している人の進み具合によってもかわってきます。

キッズコース
キッズコース説明の時間
コース45分間遊び放題。ルールを教えてもらいながらキッズコースを存分に楽しもう!

キャノピーコース
コース時間

スムーズにいけば1時間でクリアできると思います。高い所が苦手な私よりも、子供の方がキャーキャー言いながらもスムーズにクリアしていました。

アドベンチャーコース
高さが圧倒的に高いのに加え、難易度、距離共に上がりますので、他のコースよりも時間がプラスされる感じです。

スタンダードプランとエキサイトプランがありますので、プランによっても時間がかわります。

エキサイトプランはスタンダードプランに加え6アクティビティ多くなりますので30分程プラスでかかるでしょう。

まとめ

コースについての解説をしました。ネットで事前の情報収集も大切ですが、実際の森に到着してからコースを決めるのも良いかと思います。自然の中のアクティビティですので、場所や時期が違えばまた感じ方も変わります。

小さなこどもは、危険や確認を行いながら森の中で成長できるとおもいます。大人はスリルだけでなく危険な場所をどう声を掛け合って乗り越えることができるか等も体験できますね。

スカッとする気持ちを味わいながら子供のころに戻ることができるアクティビティだと思います。家族、お友達同士、カップル、職場の研修等でフォレストアドベンチャーを体験してみてはいかがでしょうか。